保険の種類|保険を見直す時はファイナンシャルプランナーに相談しよう

保険の種類

自転車

実際にあった自転車事故の事例

警視庁が発表している情報によると自転車か絡んでいる事故が15万件近く発生しています。その中でも15才以下の死傷者数が2万人を超えてしまっているというデータが出ています。実際にあった事例をあげると、小学生の少年が乗っていた自転車が女性の歩行者と衝突してしまい、裁判までされることになりました。最終的に9500万円の賠償が認められました。

自転車は生身の人間を傷付けてしまう

先ほど紹介した事例の様に自転車の事故でも相手を怪我させてしまうと多額な賠償金が発生してしまいます。ですが自転車保険に入ることで多額の賠償金の支払いを命じられても助かります。ここからは、自転車保険の種類や特徴を解説していくので、普段自転車を利用している方や家族に利用している方は参考にして下さい。

自転車保険の種類

単独タイプの自転車保険

単独タイプの自転車保険は、もし事故を起こしてしまっても大丈夫な事故に力を入れています。被害者へ賠償金を支払う場合、代わりに払ってくれる個人責任賠償保険や自分がケガをしてしまった時に医療費などを払ってくれる傷害保険の両方をサポートしてくれます。

TSマーク付帯保険

自転車販売店で販売している自転車にはTSマークというものが付いてています。TSマークが付いているものはTSマーク付帯保険に初めから加入されています。損害賠償で最高5000万円を負担してくれる他、入院についても補償してくれます。

自動車保険に付ける自転車保険

自動車保険に個人賠償責任特約をオプションで追加出来る場合があります。自動車を持っていて保険に入っている方は保険会社に確認してみましょう。オプションで追加する形になるので値段は低めに設定されているのが特徴です。

火災保険に付ける自転車保険

こちらも自動車保険と似たような形で火災保険にオプションで追加していくようになっています。火災保険の種類によっては初めから含まれている場合もあります。なので利用したい方は自分が加入している火災保険の会社にオプションの有無を確認してみるといいでしょう。

広告募集中