保険を見直す際に保険会社とFPどちらに相談するか比較

保険会社

保険会社の人に保険の見直しを相談する場合は、信頼関係が必要になります。なぜかというと彼らは保険会社に属しており、営業という職種でもあります。またノルマがある会社がほとんどなので自分達の会社が得をするようなものを勧めてくる可能性が考えられます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは保険会社には属していなくて特定の保険を勧める理由がないので、全ての会社を公平に判断してくれます。なので自分に最適な保険を第三者の視点から勧めてくれるので安心して相談出来るといえるでしょう。ファイナンシャルプランナーは東京にもたくさんいます。

保険に関するおすすめ記事

ウーマン

自転車の保険

シェアリングサービスの流行や手軽な移動手段として定着している自転車ですが、事故を起こした時に車と同じような扱いを受けます。なので自転車にも保険を付けることで安心して乗ることが出来るようになります。

READ MORE
自転車

保険の種類

自転車保険には様々なタイプがあります。その中でも火災保険や今利用している自動車保険のオプションとして追加出来るタイプは、単独で加入する自転車保険より値段が安く設定されているのが特徴です。

READ MORE
説明

保険の窓口のサービス

保険料が安くなること評判な保険の窓口ですが、何故保険料がさがるのかや実際にどんなサービスを行なっているのかをまとめています。サービスの特徴も紹介しているので参考にして下さい。

READ MORE

様々な保険が普及してきている

自転車保険などは数年前まではあまり聞かなかった保険のひとつですが、最近ではよく聞くようになっています。利用者のニーズに答えるように様々なタイプの保険が登場してきているのは、便利でいいことです。ここからは保険を見直す際に重要になる、よく確認しておきたいポイントをランキング形式で紹介していきます。

生命保険の見直しに重要なポイントランキング

no.1

1.保険の種類

保険は種類によって保障の内容が全く違って来ます。なので自分が受けたい保障が全く受けられないような状態になってしまうと、いざというときに頼れるものが何もなく困ります。今一度生命保険に入る目的を整理し、必要な保障を受けましょう。

no.2

2.保険料

保険料は定期的に払い続けるものなので、見直しする際には非常に重要な要素になります。また保険料は支払い方法を変えるだけで安くすることも出来ます。保険料をまとめて払えば払うほど、保険料が割り引かれます。その代わりに一度に多くのお金が必要になるので気を付けて下さい。

no.3

3.保障金額

保険料は高くなればなるほど保障が手厚くなっていきます。ですが保険料が高すぎてしまうと毎月の負担が大きくなってしまうので、バランスが大切です。見直しをする際にはこのバランスと自分が望む保障金額を比較してみて決めるようにしましょう。

no.4

4.受取人

生命保険における受取人とは、保険金を受け取る人のことですが、死亡した時に受け取るお金は配偶者や子どもなどの家族に設定しておくのが常識です。血の繋がっていない人を設定する場合は、関係性などの調査がされるので、注意しましょう。

no.5

5.保障期間

生命保険は加入する時の年齢が高くなればなるほど病気や死亡率が上がるので、保険料も高くなってしまいます。なので必要としている期間より早く保障期間が終わってしまうと意味がありません。なので保障期間を短く設定している方は早めに見直しましょう。

[PR]

家計診断は30代から受けておこう
貯蓄したいなら要チェック! 自転車保険ならケガも補償
自分にあったプランを選ぼう 保険の窓口の評判を大公開!
何度でも相談OK♪

保険の見直し

男の人

保険を切り替える時に気を付けること

保険を見なおしてみて、切り替えることになった時に注意してもらいたいのが、無保険状態にならないようにすることです。もし今加入している保険を解約せずに新しい保険に加入してしまうと保険の料金を二重に払うことになります。そうなってしまわないように今の保険を早めに解約してしまおうと思うと意外な落とし穴にはまってしまいます。

加入できることが決まってから解約する

切り替える保険を決めた段階で、今現在加入している保険を解約してしまうと、切り替え先の保険に加入を断られてしまった時に無保険状態になってしまいます。その時に何か病気にかかってしまうともちろん保障は受けられません。そうならないために切り替え先の保険が始まるのを確認してから今まで加入していた保険を解約しましょう。

[PR]

広告募集中